歯磨きだけではだめ?子供の虫歯予防策

お子さんの歯の事、しっかり考えていますか

最近は虫歯になる前からしっかり歯医者さんに定期健診に通い、お子さんの歯が虫歯にならないように予防するという意識をママたちが持っています。
そのため、歯がきれいな子が本当に多くなりました。

でも中には毎日が忙しく、兄弟も多いので歯磨きのチェックはできても歯医者さんに定期健診に行くという事もなかなかできないというママもいます。
お子さんがしっかり歯磨きできているかどうかチェックしているから大丈夫だろうと思っているのは間違いで、細かい磨き残しなどが必ず残っていますので、定期的に歯医者に通い、汚れを除去してもらうクリーニングなどを行う必要があります。

視覚では判断できないところ、鏡がなければ見えない裏側の汚れなどが必ずあるので、歯医者さんで普段見逃している部分を診てもらい、しっかり洗浄してもらう事が必要なのです。

食事の後すぐに歯磨き

歯磨きは虫歯予防にかかせないもの、これはママたちが身をもって知ってきたことですし、お子さんが痛い思いをしないように、虫歯を作らないという事がママたちの願いです。
でも、忙しい毎日を送っていると、食事の後にすぐ歯磨きをすることが大切など、ママさん教室で習ったことを忘れがちになります。

食後、口内環境は食べかす、歯を溶かす要因となる酸が溜まっている状態です。
時間が経過すれば経過した分、虫歯菌がエネルギーとなる食べかすをどんどん食べて増殖してくのですから、歯磨きは食後すぐにする方がいいのです。

特に歯が酸にさらされている状態はよくありません。
食べ終わったら即歯磨きをするという習慣を、親子ともどもしっかりつけたいものです。
寝る前にママと一緒に歯磨きという時間も、忙しいママならなおのこと、大切なスキンシップの時間となります。

食べる回数に注意が必要

食事をしてからずっと歯を磨かずにいると、歯が酸にさらされている状態が継続します。
長い時間だらだらと何かを食べているという事ではなく、しっかり食事をとったらその後、食べない時間がしっかりある事が大切です。

あまいおやつを食べさせないという親御さんがいますが、あまいおやつを食べさせないよりも、あまいおやつを食べたらすぐに歯磨きをするという習慣づけをする方が、よりお子さんのためになる事です。

よくしっかり噛んで食事をするという事、食べたら磨くという事をご家族全員でしっかり守っていけば、虫歯は格段に減少させることができるのです。
家族みんなで定期健診の日程を決めて、一緒に歯医者さんに行くといことでもいいでしょう。
土曜日や日曜日にもみてくれる歯医者さんも多くなっていますので、ご家族みんなの歯を診てもらう事が出来ます。

Related posts