赤ちゃん向けバスタオルの選び方や使い方

いいものを使ってあげたい?赤ちゃんのバスタオル

赤ちゃんの肌は子供の肌とも大人の肌とも全く違い、柔らかくて本当にふわふわしたさわり心地です。
ちょっと何かに刺激があれば傷が出来てしまうのではないかと思うくらいのうすい肌、でも透明感も水分もたっぷりあって、うらやましい位の美肌です。

そんな赤ちゃんの肌をお風呂上りに包むバスタオルは、なるべく使い心地がよくてふわっとしたものを使ってあげたいと思うママたちも多いのですが、みなさんはどのような物を利用されているのでしょうか。

バスタオルをどう活用されているのか、またどのようにして選んでいるのか、先輩ママさんたちの意見をまとめてみました。

バスタオルの素材

赤ちゃんのお肌はデリケート、汗をかいてそのままにしておくだけでもトラブルとなる事があります。
ごわついたバスタオルで赤ちゃんの肌を傷つけてしまうという事もあるので、コットン素材を選ぶというママも多いです。

吸収力が高くふんわりしていて、通気性も高い、汗をよくかく赤ちゃんにとって非常によい素材といえます。
最近は安心のオーガニックコットンのタオルなどが人気となっています。

ガーゼのバスタオルも沐浴の際に利用したり、活用範囲の広いバスタオルです。
夏場は薄くて紫外線防止にも利用できますし、乾きも早いので重宝します。

デザインもいろいろ用途に応じて使い分け

赤ちゃんのバスタオルは、一般的な長方形以外に、正方形やフードの付いたものなど、さまざまなものがあります。
フードの部分がうさぎさんの耳付なんて可愛いものもあり、これは贈る身としても利用出来る便利ものです。

長方形ではなく正方形のバスタオルは、お風呂上りにサッと赤ちゃんを包むことができますし、スリーパーのようにベストタイプになっていると、お腹など冷やすことなくお着替えできて便利です。
長方形タイプ、また正方形タイプ、他のデザインなど、いくつあってもバスタオルは使用頻度が高いものなので持っていると便利です。

なるほどこういう風に使う事もできる

送る身として利用できるという事のほかに、使い古してお風呂上りなどに利用しなくなったバスタオルは、赤ちゃんが吐き戻しした場合に敷いておく布団代わりに利用しているというママもいます。

赤ちゃんによってはよく吐き戻す赤ちゃんもいて、毎日シーツを汚してしまうのでは大変です。
でも使い古しのものを小さめに切っておいてそれを赤ちゃんの枕部分などに敷いておけば、洗うのも楽ですし、あまり汚れたものは捨ててしまえるのでエコ的な使い方になります。

吐き戻しや寝返り対策として、赤ちゃんを横向きに寝かせない時、バスタオルを丸めて背中の方に置くというママもいます。
ごろごろ寝返りできるようならいいのですが、一回寝返るとまたかえってくくる事が出来ないという状態では窒息なども怖いので、こうした方法を利用するといいでしょう。

Related posts