配偶者控除がなくなる?その影響は?

koujo

配偶者控除がなくなる影響について

配偶者控除は結婚して配偶者がいる方に対する税金の控除で、結婚して配偶者がいると、その分経済的にも大変になるので税金を控除しますというものです。
これを活用することで毎月の負担を軽くすることができるため、とても便利な制度されてきましたが、近年その見直しがされようとしています。

詳しい内容は様々なニュースなどが参考になりますが、ここではその影響についてご紹介していきます。
参考にすることで今後の生活の計画を立てやすくなるので、ぜひ事前に準備していきましょう。

配偶者控除がなくなることでの影響

配偶者控除を受けられなくなる場合、当然ですが税金が高くなり、所得税と住民税が変わってきます。
詳細な金額はご家庭ごとで計算してほしいと思いますが、概算で5万円ほどの金額が変わってくる見込みとなっています。
5万円というとかなり大きな金額で、配偶者控除のメリットがいかに大きかったかが分かります。
5万円あると毎月の生活費の中でもかなりまとまった金額になるので、毎月をどのように節約していくのかを考える必要が出てきます。

また、配偶者控除は受けることができないかもしれませんが、他にも方法はあります。
配偶者特別控除と呼ばれる制度があるため、こちらも検討してみると良いでしょう。
配偶者特別控除は旦那さんの収入が年収1000万円以下なら利用することができます。
年収1000万を超える世帯はあまり多くはないので、多くのご家庭に当てはまるはずです。
今後はこちらを活用することをおすすめします。

制度について知っておくことはとても大切

このように、配偶者控除や配偶者特別控除など、制度について知っておくことはとても大切です。
こうした制度は自分から調べないと思わぬ損をしていることも多いので、ぜひ積極的に学ぶことをおすすめします。
市町村のホームページなどではこうした制度の情報をチェックすることができるので、活用できそうなものがあれば活用すると良いでしょう。

なかなかこうした勉強はついやらずにそのままにしてしまうことも多いですが、実は知っているだけで得をするという場合も多くあるのです。
配偶者控除についても、今後の動向をしっかりチェックしていくことをおすすめします。

また、ご家庭内で相談することもとても大切です。
やはり家計を圧迫する可能性があるので、どのような所で生活費を抑えていくのか、また、そもそも抑える必要はどのくらいあるのかということをしっかり考えておくと良いでしょう。
こうしたことを考えるだけでも今後の差に繋がってきます。

配偶者控除がなくなると言っても、できる対策は沢山あるはずです。
ぜひ前向きに今後を考えていくことをおすすめします。

Related posts